起亜改造ホイールのどのスタイルが似合いますか?

2023/04/02

見栄えの良い起亜改造ホイールとは? ホイールの改造は車の改造の重要な部分であり、外観の改善であろうとハンドリング性能の改善であろうと、自動車のホイールのカスタマイズは重要な役割を果たします。優れた自動車用ホイールは、厳密な製造プロセスと厳密な検査を経て、個々のパラメーターが認定されていることを保証できます。当面の経済状況が許されない場合、車の所有者は改造された車のホイールを慎重に選択することをお勧めします。

オリジナルの「スチールリム」や「キャストホイール」は美しく軽くはないかもしれませんが、少なくとも性能は保証されています。同社は「品質で生き残り、名声で市場を守り、科学技術で発展し、管理で効率化する」を事業目的としており、すべてのホイールハブがより良く機能することを保証するために、会社は厳格な品質監視とテストを構築しています。 、製品はTS16949品質システム認証に合格しています。製品には鋳造ホイールと鍛造ホイールがあり、鋳造ホイールの年間生産量は約 110 万個に達し、鍛造ホイールの年間生産量は約 18,000 個に達し、製品は中国の 30 近くの省、直轄市、自治区をカバーするだけでなく、また、米国、ロシア、東南アジア、中東、日本、シンガポール、イラク、その他数十の地域にも輸出されています。

市場の需要を満たすために、同社は依然として絶えず改革と革新を続け、管理レベルを向上させ、製品の品質を向上させ、業界における同社の技術的優位性、ブランド優位性、人材優位性、顧客優位性を十分に発揮し、構築に努めています業界で競争力のある競争力のある会社への会社. 影響力と発展の可能性を持つ企業.アルミ合金ホイールは、軽量(同仕様のアルミホイールやスチールホイールとは約2kgの差)、加工精度が高く、高速回転時の変形が少なく、慣性に反します。これは、車両の直線走行性能を向上させ、タイヤの転がり抵抗を減らし、それによって燃料消費を減らし、車両の重量と重量を減らすのに役立ちます;熱放散は良好で、ブレーキの熱はブレーキの熱放散の低下を回避し、運転の安全性に影響を与えるために、時間内にリリースする必要があります。

アルミニウム合金は比較的脆く、小さな亀裂が入りやすく、見つけにくく、鋼ほど強くなく、鋳造中に砂穴ができる可能性があり、チューブレスタイヤはパンクしやすく、価格が比較的高い.長年にわたり、会社のすべての従業員は前進することを決意しており、技術と設備は継続的に改善されており、完全なアルミニウム合金ホイール鍛造事業を形成しています。市場の発展に適応するために、技術と管理の才能のあるグループが訓練され、市場の良い評判が形成され、「より高く、より遠く」の方向に発展し、大部分の自動車により良いサービスを提供します。所有者と社会。

車のハブには多くのスタイルがあり、石で傷がついたり、有害物質で損傷したりして、ハブが簡単に錆びます。多くの自動車所有者は、車輪の保護と安全運転に注意を払い始めています。アルミ合金ホイール装着車の場合、通常のタイヤに比べてアルミ合金ホイールの方がクッション性や衝撃吸収性に優れているため、凸凹道や高速走行時の乗り心地が大幅に向上します。

ホイールストレッチングプロセスは、ストレッチング性能によりタイヤの転がり抵抗を減らし、それによって燃料消費を削減することです。アルミニウム合金の熱伝導率はスチールの 3 倍で、放熱効果が非常に優れており、ブレーキ性能が向上し、タイヤとブレーキ ディスクの寿命が延び、車の安全な運転が効果的に保証されます。同社は優れた技術と豊富な管理経験を持つ管理チームを持ち、「顧客第一」の企業理念を守り、コア競争力を構築し、総合的な利点を十分に発揮し、安定の進歩を目指し、合金で優れたブランドを作成します。ホイール業界では、強力な品質とファッションのピアです。

アルミ合金ホイールの電気めっき工程での付着は、主に膨れや剥がれとして現れます. 気泡とは、コーティング間の局所的な領域での膨らみの現象を指します. 小さな気泡はナイフで突き刺すのが困難です.大きな泡はクリア後の剥離に似ており、剥離の特徴も発揮します。スポーリングとは、塗膜間のポジフィルム部分が剥がれる現象で、亜鉛メッキとニッケルメッキの間、半光沢ニッケルと酸性銅の間、メッキハブとニッケルメッキの間で発生する可能性があります。アプリケーションとさまざまなソリューション。

車のホイールは見た目を良くする重要な役割を果たしますが、ホイールを選ぶときは細部にまで気を配る必要があります。ハブのパラメータは、ハブと車両の使用に影響します。 PCD の値が正しくない場合、正しくインストールされない場合があります。

ET 値は、インストールと使用に影響するだけでなく、将来のアップグレードと変更にも影響します。車のハブを再取り付けするときは、穴のサイズに注意する必要があります。このサイズが本来のサイズより小さいと自然に装着できません。

しかし、元のサイズよりも大きく、比較対策を講じないと、走行時の車両の同心度が異なり、車両の異音や振動が発生し、深刻な場合には車両に直接影響を与えます。起亜の改造ホイールはどんなスタイルが似合うの? 普通車のホイールの素材開発は普通の銑鉄ではなく、炭素含有量2.0%以下の鋼ですが、銑鉄の比率は2.0%から4.5%と高く、そのため、機械設計では、2 つの異なる材料の強度と靭性に大きな差があります。しかし、鋼でもさほど強くはありません。

たとえば、最大 1,500 MPa の降伏強度を持つ熱間成形鋼で作られたボディ A ピラーは、衝突時に曲がる可能性があります。したがって、スチールホイールハブの圧縮能力は比較的弱く、つまり、比較的単純で変形しやすいです。

お問い合わせ
あなたの要件を教えてください、私たちはあなたが想像以上のものをすることができます。
お問い合わせを送ってください
Chat with Us

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English
ภาษาไทย
Nederlands
हिन्दी
한국어
日本語
العربية
Português
italiano
русский
français
Deutsch
Español
現在の言語:日本語