ホンダ純正ホイールの強さはいかがですか?

2023/04/20

ホンダ純正ホイールの強みは? アルミ合金ホイールの研究開発、設計、製造、販売を中心とする我が国のハイテク企業であり、我が国の自動車部品の輸出拠点でもあります.広徳経済区に位置しています.開発区、安徽省(江蘇省、浙江省、安徽省の交差点)、戦略的な場所と便利な交通機関。会社の敷地面積は 120 ムー、登録資本金は 1 億 1,800 万元、総資産は約 1 億 8,000 万元、従業員は 300 人以上です。認可発明11件、実用新案特許18件、意匠特許40件を保有しており、2016年8月12日に新三板に上場した。 「中小企業、地方のハイテク栽培企業。

車のハブのメンテナンスは、車のメンテナンスと同じです. 市場で一般的に使用されている多くの家庭用クリーナーや洗剤は、アルカリ性または酸性のためにハブの表面に過度の影響を与え、表面に化学反応を引き起こします.ハブの表面が変色し、ハブの表面に影響を与えます。したがって、注意して使用する必要があります。中性石鹸水を選択して洗うことができます。

ハブ表面の保護層を損傷しないように、ハブにペイント ポリッシュやその他の研磨剤を使用しないでください。走行中の硬いものによる引っかき傷などで、合金保護塗装が損傷した場合は、できるだけ早く専門のメンテナンス ステーションで合金ホイールを修理し、再塗装してください。技術革新と独立した研究開発の原則に基づいて、同社は長年の生産経験を蓄積しており、常に「顧客第一、誠実な管理」というマーケティング目的を順守し、「すべての顧客を満足させる」という強い要求を持っています。研究開発能力; 同社は完全かつ科学的な品質管理システムを持っています.

同社の誠実さ、強さ、製品の品質は業界で認められており、品質をコアとして、「国際化、ブランディング、規模」という経営理念を堅持し、「継続的な改善、高品質の製品の追求」に取り組んでいます、サービス品質の向上、およびクライアントのニーズの満足」。アルミ合金ホイールの電気めっき工程での付着は、主に膨れや剥がれとして現れます. 気泡とは、コーティング間の局所的な領域での膨らみの現象を指します. 小さな気泡はナイフで突き刺すのが困難です.大きな泡はクリア後の剥離に似ており、剥離の特徴も発揮します。

スポーリングとは、塗膜間のポジフィルム部分が剥がれる現象で、亜鉛メッキとニッケルメッキの間、半光沢ニッケルと酸性銅の間、メッキハブとニッケルメッキの間で発生する可能性があります。アプリケーションとさまざまなソリューション。ホンダオリジナルホイールハブの強みは2011年に創業。 .自動車のホイールは材質によって主にスチールホイールと軽合金ホイールに分けられ、軽合金ホイールは主にアルミニウム合金とマグネシウム合金で作られています。

今日の自動車市場では、スチールホイールは珍しく、ほとんどのモデルがアルミ合金ホイール、つまり軽合金ホイールを使用しています。アルミホイールに使われるアルミ合金素材には、A356、6061などがありますが、その中でも鋳造アルミホイールとして広く使われているのがA356です。 A356 アルミニウム合金は、比重が小さく、耐食性に優れているという特徴があります。

主にアルミニウム、シリコン、マグネシウム、鉄、マンガン、亜鉛、銅、チタンなどの金属元素で構成され、アルミニウムは約92%を占め、成熟したアルミニウム合金材料です。車のホイールは電気メッキができるので、傷の補修ができます。ハブ真空メッキの修理方法で修理可能です。

さらに、ホイールの電気メッキ業界の成熟に伴い、黒と白の電気メッキに限定されず、所有者の個人的な好みに応じてカスタマイズできます。ただし、元のハブがメッキされている場合は、傷を修復できます。メッキホイールには、水メッキと真空メッキの2種類があります。

水メッキ処理は傷はつきませんが、ハブを腐食させます。ハブが腐食した後、修理することができます。つまり、ストリッピング時間が長く、水メッキ修理時間が長くなります。しかし、水電気めっきプロセスは環境を非常に汚染しており、現在水電気めっきの事例はほとんどありません。

アルミ合金ホイールは高強度素材を使用しているため無数の形状があり、3 つのホイールのデザインでさえボディのサポート品質を満たしていますが、スチール パンチにはスチール ホイールしかなく、視覚効果は一般的にあまり変わらない。アルミ合金ホイール, それは間違いなく非常に良い選択です. さまざまな改造ホイールのコストはおおよそこの範囲内にあります. ホイールの選択は安くてはなりません, いくつかの悪いホイールは運転中に壊れます.ホイールハブの完全性は、運転の基本的な安全であり、非常に重要な保証でもあります。

ホンダ純正ホイールの強さの作り方 車のホイールをきれいにし、傷、傷の深さ、ホイールの損傷がないかチェックします。例えば、車のホイールの表面にひび割れや変形、完全な欠損がある場合は修理できません。ハブを洗浄した後、タオルで乾かします。

清掃後はオイルワックスペーパーでハブの清掃に注意してください。まずタイヤを外し、タイヤの空気圧を抜き、タイヤを平らな状態にし、タイヤプーラーで直接リムを取り外します(これにより、建設中にタイヤが浸水するのを防ぐことができます). ホイールハブが損傷または変形していない場合ホイールハブを清掃した後、タオルで乾かし、清掃後にワックスペーパーでハブをきれいにするように注意してください。

お問い合わせ
あなたの要件を教えてください、私たちはあなたが想像以上のものをすることができます。
お問い合わせを送ってください
Chat with Us

お問い合わせを送ってください

別の言語を選択してください
English
ภาษาไทย
Nederlands
हिन्दी
한국어
日本語
العربية
Português
italiano
русский
français
Deutsch
Español
現在の言語:日本語